『阿頼耶識銀行不可思議モノガタリ』

第壱情之前書き

 

こんにちは、ようこそ

阿頼耶識銀行へ。

 

ワタシは阿頼耶識銀行の銀行員であり

アナタ自身です。

おや…?その反応から 察するに

当銀行を ご存知ないようですね……

 

無理もありません、当銀行は

特別な銀行…心にまつわるものを

取り扱う銀行で ございますから。

 

ふむふむ…当銀行についての 話を

聞きたいのですね?

 

よろしいですよ。 それでは まずは 

とある臆病な青年の お話から。


Users who have LIKED this post:

  • avatar

“『阿頼耶識銀行不可思議モノガタリ』” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です