『阿頼耶識銀行不可思議モノガタリ』

まえがき

 

 

銀行…それはお金や、血液、角膜、骨髄、

果ては情報など…様々なモノを

預かり、保管し 時には 他の人に

それらを貸したりする機関である

だが、しかし….最近 こんなウワサが

巷で ささやかれている。

 

曰く、人生の節目、

決断に迷った時などにだけ

たどり着ける 不思議な銀行がある

 

曰く、その銀行は モノではなく

心にまつわるもの…主に感情を預かり、

貯蓄し、貸出をしている

 

曰く、感情を借りる時の代償は

本人の人生の記録である。

 

これは…そんな不可思議な銀行

阿頼耶識銀行と そこを訪れる

悩める お客たちの物語


Users who have LIKED this post:

  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です