『ちはやふる 結び』CINEMA REVIEW~「勝利も、恋も――ゆずれない」

映画レビュー


映画『ちはやふる』完全本 ―上の句・下の句・結び―

writer/K・Kaz

 

今回は、現在放映中の人気邦画『ちはやふる 結び』のレビューをお送りしたいと思います。
(一部ネタバレあり)

 

STORY

 

いつも一緒に遊んでいた、幼なじみの千早・太一・新。
家の事情で、新が福井に引っ越してしまい、離ればなれになってしまいます。

時が経ち、高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、太一とともに仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作ります。

「新に会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」

猪突猛進の千早に引っ張られた端沢高校かるた部は創部一年目にして、全国大会に出場します。しかし、千早は個人戦で史上最強のクイーンに敗れ、さらに強くなることを部員たちと誓います。

さらに、千早達の師匠・原田秀雄が史上最強の名人とされる東大生・周防久志に敗れてしまい、心の支えを失った気分になります。

そして3人は高校3年生に。
かるたから離れていた新でしたが、千早たちの情熱に触れ、自分も高校でかるた部を作って、全国大会で千早と戦うことを決意します。

一方、新入部員が入り、高校三年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部でしたが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまいます。千早への気持ちと勉強との両立に悩んだ末の決断でしたが、突然の太一の行動に千早は動揺と悲しみを隠せないでいました。大会にも集中できませんでしたが、何とか全国大会に出場を決めます。

一方、新は準クイーン・我妻伊織をはじめとした最強メンバーで、全国大会出場を決めます。進路に悩む太一は、東大で周防と対戦しますが、
「かるたが好きでもないのに、かるた好きに囲まれて辛かったでしょう」
と言われてしまいます。

そして千早も、様々な変化に戸惑いながら、全国大会優勝をめざし、さらにその先の将来を考えはじめます

 

REVIEW

 

「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」につづく三部作の完結編です。

かるたへの情熱全開で突っ走ってきた千早も三年生となり、新入部員も出来たことで意識が変わりはじめます。完璧人間だった太一も成績が伸び悩み、千早の近くに居たいがために続けていたかるたへの情熱を失いはじめます。

高校生が、人間関係や勉強に悩みながら、部活に情熱を燃やす作品は他にも沢山あります。しかし、この「ちはやふる」は競技中の迫力が群を抜いています。

様々な撮り方の臨場感のあるシーンがたくさんあり、一瞬も目を離せません。
一人一人の顔のアップも多く、顔の汗や真剣な表情の細かいところまで見ることができました。
体をぶつけ合わんばかりのむき出しの闘志、居合のような速さでかるたを取る手、スクリーンに映る全員が額や髪の先まで汗だくで、」
「よくここまで自分を追い込めたものだ」
と思う程の迫力と緊張感がひしひしと伝わってきました。まるで自分も会場にいるように手に汗握っていました。

また、百人一首の和歌が現代の高校生の葛藤と相通じるものがあるのも、この作品の魅力の一つです。和歌を通してはるか遠い時代の人々の心に思いを馳せるシーンは、古典が勉強のためだけの小難しいものではないことを思い出させてくれました。

 

本作品の評価は星3.5とさせていただきます。ストーリーとしてだけでなく、広瀬すずさんをはじめとした役者さんや制作スタッフの情熱のかけ方からも、人生をかけて真剣に何かに打ち込むことの素晴らしさを教わった気がしました。

 

K・Kazのこの映画の評価3.5

(本サイトでの、レーティング評価の定義)
☆☆☆☆☆(星5)93点~100点
☆☆☆☆★(星4.5)92点
☆☆☆☆(星4)83点~91点
☆☆☆★(星3.5)80点~82点
☆☆☆(星3)69点~79点

 

監督/小泉 徳宏
製作国/日本
公開/2018年3月17日
上映時間/
キャスト/広瀬すず
松岡 茉優
野村周平

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画レビュー
『名探偵コナン ゼロの執行人』CINEMA REVIEW~「命をかけて守らなければならないものがある」

名探偵コナン ゼロの執行人 (小学館ジュニア文庫)      今回は、現在上映中 …

映画レビュー
『MOON CHILD』CINEMA REVIEW~「僕たちは、いつも笑いながら、泣いていた。」

MOON CHILD 【Blu-ray】   writer/K・Kaz   &n …

映画レビュー
『ジャンプ』CINEMA REVIEW

ジャンプ [DVD]     writer/K・Kaz    今回は邦 …

ツールバーへスキップ