哀しい恋をバックボーンにした輪廻転生のファンタジックロマンス

 

 

「星の円舞曲に君を謳う(ほしのワルツにきみをうたう)」真田未彩/著

 

 

切なくも、たのしい。
悲しくも、希望にあふれている――。

 

真田未彩/著「星の円舞曲に君を謳う(ほしのワルツにきみをうたう)」は、ひとことで言うと、そんなふうな恋愛小説です。

 

物語の主人公は、カトリックミッションスクールに通う恋(レン)と、真彩(まいろ)のふたりの男の子です。


ふたりは学校内の木の下で、運命的な出会いをはたします。

はじめて出会った恋(レン)に、
「コウさん!」
 と必死な形相で語りかける真彩(まいろ)。


面倒な後輩にからまれているという気持ちだった恋(レン)も、軽音部の部室にまでついてきた真彩(まいろ)の、アップライトピアノの前にすわる姿を見て、真彩のことを一目おかざるをえなくなります……。


そして、ある事件を境に、ふたりは昔実在した悲恋の物語を共有することになるのです。

 

「自分もこんな恋愛してみたい!」

そんなふうに思う、素敵な恋愛小説です。じーんとくること間違いありません! 最終段階で、お話のタッチがかわるところも、みどころです。


オススメ作品です。

 

 

目次

prologue「星と涙の前奏曲 ティアラス・ブレリュ―ド」

一章「薄紅の小夜曲 うすべにのセレナーデ」

二章「黒と白の交響曲 なげきときぼうのシンフォニー」

三章「響愁の歌曲 きょうしゅうのリート」

四章「薄紅の奏鳴曲 うすくれないのソナタ」

五章「白と黒の夜想曲 ひかりとやみのノクターン」

六章「郷愁の鎮魂歌 きょうしゅうのレクイエム」

epilogue「星が交わる譚詩曲  スターティング・クロス・バラード」

 

 

 

▽「星の円舞曲に君を謳う(ほしのワルツにきみをうたう)」真田未彩/著

 

▽前篇「星と涙の前奏曲ティアラス・ブレリュ―ド」

 

▽後篇「星に交わる譚詩曲クロッシング・バラード」

 

 

 

4コマ漫画/いいこ
writer/にゃんく

 

 

 

カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です