【社会の闇】俺はこうして河童になったの思い出【心が震える育成ゲーム】

あみあきひこです。
にゃんころがりmagazineさんでは何度かゲームの紹介をさせていただきましたが

【呪呪呪】育てて日本人形の思い出

【美術館ホラー】Ibの思い出

以前のゲーム紹介記事がそこそこ反響があったので
また別のゲームの紹介記事も書かせていただきます。

今回取り上げるのはスマホ用アプリ、
(株)面白革命capsule+「俺はこうして河童になった」

※あみあきひこによるファンイラスト

なんとあの「育てて日本人形」と同じ製作陣によるゲームです!
じゅじゅじゅファンとしては遊ばざるを得ません。
※じゅじゅじゅ…日本人形の名前
どんなゲームなのか、
アプリダウンロードページの説明やゲーム画面を引用してご紹介したいと思います。

■ 説明 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
俺を育てるゲームだよ。
胡瓜を与えて、ドンドン育てよう。
エンディングは全部で4種類!(更に、アップデートで追加されるよ。)
空いた時間に遊べるお手軽ゲームだよ。

■ オススメPOINT ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
・サクサク進化するよ
・マルチエンドを楽しめるよ
・二周目以降は、ストーリーが変化するよ。
(公式より)

※ゲーム画面

暗い!
なんか暗い!
「お手軽ゲーム」って書いてるけど「育てて日本人形」の時と同じ、
気軽に遊ぼうという気分になれない感じのゲームだ!

このゲームは30歳くらいのサラリーマンの「俺」に
きゅうりをひたすら与え続けるという育成(?)ゲームなのですが
全体的にとにかく暗い。
グラフィックも暗ければストーリーも暗い。
特に自分の仕事がうまくいっていない時に遊ぶと
ゲームの暗さと自分の心の暗さが重なってしまうようで
すごく胸にくる。

※私の場合、就職して2~3年目が一番仕事がしんどかったんですが、
その時に読んだ「俺」の日記にはすごく胸をうたれました

でも、その暗さがクセになる、
続きが気になる、
気が付けばずっときゅうりを採集している、
…そんなゲームです。

「俺」がきゅうりを食べるシーンもシュールで面白いです。
私のスマホでは上手くキャプチャーがとれなかったので
画像の代わりにYouTubeで見つけた実況動画へのリンクを貼っておきます。
【実況】俺はこうして河童になったッパ。 01【KADA】
※きゅうりを食べるシーンは2:00くらいから

アイテム回収→それをキャラクターに与えて成長させるとストーリーが進む
という流れは「育てて日本人形」の時と同じです。
ゲーム二周目以降、
一定の確率で起こる「突然変異」をしないと見れないイベントがあるので
何周も遊んでイベントを全部見ないと
アルバムのコンプリート率が100%になりません。
ちなみに「突然変異」は
「俺」の人物像を保管できるようなイベントになっています。
「突然変異」を見ることで切なさが増すので是非見てほしい。

「俺」を育てるためには大量のきゅうりが必要なのですが
(一日に何100本もきゅうり食べてるけど大丈夫だろうか)
Twitterで「今日の俺」を紹介する機能を使えば
割と簡単にきゅうりがたまります。

※ゲーム画面

※Twitterでのあみあきひこのつぶやきはこちら

…たいがい悲惨な状況にしかなっていないけど、
本当にそんな自分を
Twitterで紹介してほしいと思っているのだろうか。

なお、
「俺はこうして河童になった」も
「育てて日本人形」と同じマルチエンディングのゲームです。
プレイヤーの選択により「俺」の運命が変わります。
エンディングは今のところ全部で4種類。
そしてアプリのアップデートでエンディングが追加されるとの話ですが、
公開から2年以上たった現在もアップデートはされていない模様。
エンディング追加はいつになるんだろう…
制作チームの皆さん、私、今もアップデート待ってますからね!

本当はストーリーのこととか、
どうしたら「俺」は幸せになれるのかとか、
社会人にとっての幸せってなんなのかとか、
語りたいことはたくさんあるのですが、
ネタバレになってしまうのでこの辺にしておきます。

興味を持った人は是非遊んでみてください。

ダウンロードはこちらから!

【社会の闇】俺はこうして河童になったの思い出【心が震える育成ゲーム】」への2件のフィードバック

  1. こんなゲーム誰がやるんだろう?っていうようなゲームに、意外にも熱狂的なファンがいますね。
    他の人が行かない道に花があるというのは、このことですね。
    うちのサイトもこの方向性で行きましょうか?!

    1. そうなんですよね~…
      こういうマニアックなゲームは
      はまる人ははまりますからね~…(私もそうです)
      個人的には、
      着眼点が斬新でマニアックなコンセプトなのに
      無駄に凝っててハイクオリティーなのが
      ポイント高いです。

      にゃんころがりmagazineをその方向性にするのは
      随分冒険してる感じがしますがそれはそれで面白そうですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です