『名探偵コナン ゼロの執行人』CINEMA REVIEW~「命をかけて守らなければならないものがある」


名探偵コナン ゼロの執行人 (小学館ジュニア文庫)

 

 

 今回は、現在上映中の邦画「名探偵コナン ゼロの執行人」を紹介したいと思います。(一部ネタバレあり)

 

writer/K・Kaz

 

STORY

 

 東京で開かれるサミットの会場となる東京湾の巨大施設「エッジ・オブ・オーシャン」。
 サミットを前に大規模爆破事件が発生します。
 ニュース映像を見ていた灰原 哀は、爆発に巻き込まれた公安警察官達の中に安室透がいたことに気が付きます。
 安室は、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属し、正体を隠して探偵事務所の1階にある喫茶「ポアロ」で働いていました。
 サミット当日ではなく事前に起こされた爆破事件と、安室の行動に違和感を抱くコナン。
 ある日、爆破事件の現場から毛利小五郎のものと一致する指紋が発見されます。毛利はいきり立つ公安によって半ば強引に逮捕され、娘の毛利蘭は母で弁護士の妃英理に弁護してくれるように頼みますが、身内である小五郎の弁護はできないと断るしかありませんでした。
 蘭とコナンが必死に小五郎の弁護を担当してくれる弁護士を探すなか、橘境子という女性弁護士が、小五郎の弁護をさせてほしいと英理の法律事務所を訪ねてきます。
 公安事件を数多く担当してきたという彼女に蘭は一時期待を抱きますが、これまでの裁判で全敗していると聞き、一気に不安に駆られる。そんななか、ついに小五郎が東京地検に送検されてしまいます。

 

 小五郎は公安部の日下部誠検事から取り調べを受けますが、ここでも容疑を全面否認します。
 日下部は、小五郎に爆破の動機がないことや警視庁公安部から送られてきた証拠の資料を見て、上司で統括検事の岩井紗世子に警視庁公安部へ追加調査を依頼するよう主張する。しかし、岩井は、
「毛利小五郎をすぐに起訴しなさい」
 の一点張りで日下部の意見に取り合おうとしません。日下部はその指示を無視し、密かに警視庁公安部への追加調査を要求します。追加調査のことを知った蘭や英理は、
「新たな証拠が見つかるかもしれない」
 と期待しますが、境子は、
「公安的配慮で、小五郎は必ず起訴されるだろう」
 と話します。コナンは、小五郎が起訴されるのを望んでいるかのような境子の言葉に疑念を抱きます。

 

 さらに翌日、コナンは目暮警部らから情報を得るべく警視庁に行きますが、そこには安室や風見の姿もあり、安室の不可解な行動にコナンは疑念を深めてゆくのでした。

 

REVIEW

 数ある劇場版・名探偵コナンシリーズの中でも、いきなり毛利小五郎が爆弾犯として逮捕される展開に最初からドキドキさせられます。
 登場人物の全員がそれぞれの正義を持っていて、しかしそれがぶつかり合うために事件が起きてしまいます。
 誰を信じたら良いのか分からない状況の中で、持ち前の推理力と少年探偵団の歩美・光彦・元太、阿笠博士、灰原の協力を得てコナンが事件解決に奔走します。犯人捜しに加えて、ドローンやハッキング、爆発やカーチェイスなどのアクションも満載で子供から大人まで楽しめる娯楽作品でした。

 

本作品の評価は星3.5とさせていただきます。 

 

K・Kazのこの映画の評価3.5

(本サイトでの、レーティング評価の定義)
☆☆☆☆☆(星5)93点~100点
☆☆☆☆★(星4.5)92点
☆☆☆☆(星4)83点~91点
☆☆☆★(星3.5)80点~82点
☆☆☆(星3)69点~79点

 

 

↓「like」ボタンのクリックお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です