『うつむいていて、反応がない駅員さん』たほちゃん

 うつむいていて、反応がない駅員さん

 

たほちゃん

 

 

 よく晴れた秋の黄昏時でした。
 私の住んでいるところはとても田舎で、電車もあまり多く走らないような所です。

 高校生だった私は、学校帰りに駅で母の迎えを待っていました。小さな駅にある改札口には、小さな駅員室があり、薄暗い蛍光灯の明かりがチカチカとしていました。

 

 わたしは駅員さんに用事があり、駅員室の窓から2回ほど声をかけましたが、駅員さんは後ろを向き、うつむいていて反応がなく、おかしいとは思いましたが、大したようでもなかったので諦めました。
 しかたなく外にあるベンチに座り、数分後駅員室に視線をやると電気は消え、シャッターは閉まっていました。日も落ちた頃だったので、退勤の時間なのだと思いましたが、シャッターが閉まる音も聞こえなかったように思いました。なんだか気味が悪いと思うと緊張からか喉がかわいできたので、飲み物でも買って気分転換でもしようと自販機の前に立ち、お金を入れ、ボタンを押していると母が到着しました。

 

 母は、

お待たせ!おかえりなさい!」
と言って私を車に乗せると窓の外の自販機を見て、小さく会釈しました。
 私が、
「誰もいないのになんで会釈したの?」
と聞くと、私の隣に駅員がたっていたというのです。顔色が悪く、うつむいている駅員が隣に立っていたと……

 もちろん私以外、その駅には誰もおらず、私の隣には人はたっていませんでした。

 薄暗い駅員室。黄昏時の不思議な出来事に私と母は背筋が凍る思いをしました。

 その後、何度その駅を利用しても、駅員室のシャッターが開くことは1度もありませんでした。

 

 

(おしまい)

 

『うつむいていて、反応がない駅員さん』たほちゃん

 うつむいていて、反応がない駅員さん  

Read More

コメントなし

ドライブでの心霊体験

ある夏の夜のことです。 免許を取り運転にもなれた頃

Read More

コメントなし

 

 

執筆者紹介

 

たほちゃん[L]

 小さな時から人には見えないものが見えたりします。
体験談はいくつかありますので、書いていこうと思います。

 

 

 

 

↓「like」ボタンのクリックお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です