『信長を守る女忍者、桜の物語』4コマ漫画

 

 

タイトル:くノ一桶狭間暗殺
著者:葵倫洞
Amazon kindle book

 

 

内容紹介
「信長殿、その額にある刀傷ですが、いかがなされたのですか」
 桜の脳裏に鮮やかに蘇る恐ろしい出来事。十三年前、身を挺して自分を護ってくれた少年の姿が瞼に焼き付いて離れない。その少年は位の高い侍の子供らしく、二回りも大きな牢人に果敢に挑み傷を負った。

 

 尾張の統一を目指す織田信長は敵陣の攻略と自身の警護を強化する為、甲賀から敵将の暗殺を任とするくノ一桜隊を雇い入れる。那古野城の天守で初めて桜に会った時、何故か初めてでは無いような不思議な感覚にとらわれる。透き通るような大きな瞳は、遠い昔心を惹かれた美しい少女の面影に重なる。

 

「殿の首は誰にも渡さぬと、今此処でわたしに約束して下され」           
 目の前にいる女は“この戦に勝て”と迫っているのだ。今川義元が率いる圧倒的な兵力を誇る遠征侵略軍を前に自らの死の覚悟をしていた信長は返事に窮した。
   
「わしと一緒にいてくれるか」
絹の襦袢の下から現れた淡い薔薇色の裸体は、目が眩むほど艶かしい。

 

 数奇な運命に引き込まれる二人の行方は。織田信長はいかにして桶狭間の合戦を征したのか。
覇 権を争う侍同士の激しい戦いと、それを影で支える忍者の暗躍の中で繰り広げられる
 胸を締め付けられるような切ない戦国ラブストーリー。

 

 

読者レビューも高評価です。

 <信長とくノ一のラブロマンスが描かれた、時代劇ラブコメファンタジーです。
信長の恋愛だけではなく、様々な男女の恋愛模様が、繊細且つ濃厚に描かれています。

 リアリティを感じるラブシーンには、下品さは全くなく、美しい描写に想像力が掻き立てられ、どんどん吸い込まれて行きました。

 それらはまるで、映画のワンシーンを見ているような錯覚に陥りました。

 本書の恋愛感は、男性目線の箇所と、女性目線の箇所とが、バランス良く交互に入れ替わっていたように感じます。くノ一達の、熱い恋心に共感を覚え、自分の若かりし頃の初恋を、何度も思い出しました。

 信長は数年前、女優である天海祐希さんが、「女信長」をドラマで演じられていたのが記憶に新しい所。信長を女に見立て、明智と恋に落ちるなど、アイデアは斬新だった。

 だが本作では、まさかのくノ一とのラブストーリー。後半はコミカルなシーンもあり、より信長の人物像に惹かれ、桜に憧れ、感情移入しっぱなしでした。
舞台化か、映画化を希望します!購入してよかったです!>(http://www.amazon.co.jp/dp/B01KW6TASOから引用。)

 

にゃんくの感想はこちら。

<とてもおもしろかったです。
女忍者を主人公に据えた発想がすばらしいと思います。
アクションシーンは迫力があって、また、「むささびの術」など、忍者特有の技で、危機を乗り越えていく「桜」をはじめとする女忍者たちの活躍に、ページをめくるのが楽しみでした。
時代小説をよく研究されていることが、行間から伝わってきました。
また、文章がとても上手で、安定感があり、すらすら読めるところもよかったです。
織田信長と女忍者桜との恋の行方。
おすすめの作品です!

 

くノ一桶狭間暗殺
著者:葵倫洞
Amazon kindle book

 

4コマ/いいこ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です