『羊たちの沈黙』映画レビュー K・Kaz

 
羊たちの沈黙 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

今回は、映画『羊たちの沈黙』のレビューをお送りします。
映画史における傑作のレビュ-です。ずいぶん前に見て、内容を忘れてしまった方も多いのではないでしょうか? レビューを読みながら、思い出せる部分もあると思います。おたのしみください。

 

writer/K・Kaz

 

STORY

 

アメリカ各地で、若い女性が殺害され、皮膚を剥がれるという連続猟奇殺人事件が発生します。
犯人は、“バッファロー・ビル”と呼ばれています。
捜査は難航し、困り果てたFBIは、アカデミーの実習生クラリスを呼び出します。彼女に与えられた任務は、これ。つまり、バッファロー・ビル事件解明のために、元精神科医の囚人ハンニバル・レクターから事件についての助言を得ることでした。
クラリスは、レクターの収監されている精神病院に向かいます。
レクターは、当初は協力を拒んでいました。しかし、クラリスの誠実な態度と心に秘めた闇に興味を持ちます。そして、クラリスに過去を語らせることと引き換えに助言することを約束します。
そして、クラリスは、幼い頃に伯父に預けられた過去を話し、そこで明け方に伯父が羊たちを屠殺するのを目撃したことがトラウマとなっていることを話します。
しかし、さらなるバッファロー・ビルの被害者が出てしまいます。今度、誘拐されたのは上院議員の娘です。
精神病院院長チルトンは、自身の出世のために、レクターを上院議員に売り込み、議員である母親は協力の見返りとして、レクターを警備の緩い刑務所へ移送させることを約束します。
一方、クラリスは、レクターの助言によって、バッフォロー・ビルの身元を突き止め、自宅へ踏み込みます。
 

REVIEW

 

これまで見てきた映画の中で最も好きな作品の一つです。
己の歪んだ欲望のために女性を次々に殺して皮をはいでゆく「バッファロー・ビル」も十分に衝撃的でした。
しかし、それ以上に異彩を放っているのがレクター・ハンニバルでした。
レクターは、人を殺して食べる、という猟奇的な殺人者です。しかし、誰よりも知的で芸術を愛し、ふだんは物静か。そして、礼儀正しい。きちんと接してくれる者には誠実に対応し、無礼な態度をとって機嫌を損ねた者には容赦なく制裁を加えます。
一般的な善悪や法律は通用せず、己のルールにのみ従って生きるアウトロー。魅力にあふれ、友人になりたいけれど、親しくなりすぎると後ろからガブッと噛みつかれるかもしれない危険で美しい野獣。凶悪犯なのに、何故か惹かれてしまう強烈な個性は強く心に焼きつきました。
相対するクラリスも、また別の意味で印象的でした。初々しくも聡明で、殺人鬼で囚人のレクターにも嘲りや恐れを見せず、真正面から向かい合って話をします。バッファロー・ビルを追い詰める過程もスリリングで手に汗握りましたが、クラリスとレクターが駆け引きをするシーンも悪魔と対決するエクソシストのような緊迫した雰囲気がみなぎっていて見ごたえがありました。

この作品の評価は星5とさせて頂きます。その後のサスペンス映画に大きな影響を与えた、映画史に刻まれるべき名作だと思っています。

K・Kazのこの映画の評価5

 

 

作品情報
監督/ジョナサン・デミ
原作/トマス・ハリス『羊たちの沈黙』
出演者/ジョディ・フォスター
アンソニー・ホプキンス
スコット・グレン
テッド・レヴィン
上映時間/118分
製作国/ アメリカ
 

執筆者紹介

 

writer/K・Kaz

 

石川県在住の男性です。

週末には、映画を5~7本ペースで観ていらっしゃるそうです。

 

 

↓「like」ボタンのクリックお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です