北海道トマムに行く時には知っておいた方がよい豆知識編~トマム旅行記6

にゃんく

 

今回夏休み旅行でやって来た、北海道のトマム山は標高1000メートル。

トマムというのはアイヌ語だそうです。「トマム」の意味は二つあって、一つは「大いなる大地」。

もう一つは、「湿気の多い土地」という意味になるそうです。

ぼくたちがゴンドラで登った日も、湿度100%で、髪がしっとり濡れてしまうくらいでした。

 

 

さて、トマムの雲海テラスから雲海が望める確率は40パーセント。

運が良ければ、こんな景色が見れます。

 

 

太平洋産雲海

 

 

 

 

こんな雲海も。

今回ぼくたちは二泊したので、初日はご報告のとおり見れませんでしたから、残るチャンスは一回のみ。

 

平成30年7月22日、テラスに雲海は現れたのでしょうか?


結果を書く前に、雲海ガイドなどで聞いた情報を書いておきます。もし今後トマムに行くことがある人がいれば、参考になると思いますし。

 


さて、順番が前後しましたが、今回ぼくたちがやって来たトマムというのは、ここらへんにあります。

 

 

北海道の、だいたい真ん中あたり、ですね。

 

冷たい空気と暖かい空気がぶつかり合うことによって、雲が発生します。

 

諸条件を考察して、トマムで雲海が見れる時期でオススメなのが6月中旬と9月上旬とのことでした。


あと、トマムでは雲が発生しやすいです。

 

なので雲海を見れる確率が高い日は、「晴れてるとき」ということでした。

 


雨の日は、辛いので、オススメできないとのこと。


ぼくたちが登った日も、都心じゃ猛暑で大変だったと思いますが、トマム山は寒かったです。ゴンドラを降りたところでベンチコートを借りられるのですが、シャツを二枚重ね着してその上に長袖シャツを着て、さらにベンチコートを着て、やっと人心地つけるくらい寒かったです。

 

 

宿泊したのは、トマム・ザ・タワー。

にゃん子とにゃんくが宿泊したのですが、何故かベッドが4つあって、トイレとお風呂がそれぞれ2つずつ設置されていました。

洗面所とトイレが2つあったのは、すごく便利で助かりました。

1日目と2日目をそれぞれ別のベッドでお休みしたのも、おもしろかったです。

ネットの口コミでは、気になる感想もあったのですが、全然。

ホテルのスタッフも感じがよく、とても親切でした。ホテルも清潔でしたし。

 

いちばん助かったのは、ホテルのスタッフのこんなアドバイス。

「タワー(にゃんくが宿泊しているホテル)から、朝いちばんの巡回バスで、トマム山へ向かうゴンドラの発着所にむかっても、すでに、リゾナーレ(もう一つの宿泊ホテルの名前)からの巡回バスが先着しています。

なので、せっかく朝一番でトマム山へ向かおうとしても、すでに行列ができています。

朝4時台では雲海が見れても、朝5時台では雲中といって、雲海が見れなくなることもありますので、オススメしているのは、ホテルから徒歩でゴンドラの発着所へ向かうことです。

朝4時ころにホテルを徒歩で出発しても、ゴンドラの発着所へは、15分ほどで着きますので、バスよりも先着することができます。」

なるほど!

のんびりとバスに乗って向かうところであったわい!

ということで、にゃんくとにゃん子は朝3時半に起床して、雲海を見るべく、朝の支度をして出発したのでした。

これからトマムに行こうとしている方は、参考にしてくださいネ!

 

 

 

 

つづく

 

 

 

トマム旅行記1

北海道ナウ   まずは新千歳空港の立ち食い寿司屋で朝食。   本日の隠し寿司は「毛ガニ」3 […]

コメントなし

トマム旅行記2

          Like 0

コメントなし

トマム旅行記3

    今日やってきているのは、星野リゾートトマムです     &nb […]

コメントなし

トマム旅行記4

今日の雲海発生状況は⁈   運が良ければこんな景色が見れます     &nbsp […]

コメントなし

宿泊者以外も遊べる、日本最大級の人工波プール「ミナミナビーチ」編~トマム旅行記5

  牧草ベッドでひと休み     こちらは星野リゾートにあるミナミナビーチ &n […]

コメントなし

ホトトギスの鳴き声で癒されてください。

  北海道トマムの山は、寒かったです。 シャツを2枚重ね着して、その上に長袖シャツを着て、その上にベ […]

コメントなし

北海道トマムに行く時には知っておいた方がよい豆知識編~トマム旅行記6

にゃんく   今回夏休み旅行でやって来た、北海道のトマム山は標高1000メートル。 トマムというのは […]

コメントなし

ブルーインパルスで出撃せよ~トマム旅行記7

   取材をおえ、帰路についていた平成30年7月22日、南千歳駅についたとき、我々にゃんマガ編集部が […]

コメントなし

北海道トマムの広大なフィールドをカートで走行~北海道トマム旅行記9

      ユーチューブで動画のカットができることを知って、いろいろとこれから動 […]

コメントなし

羊とお昼寝ハンモック~トマム旅行記8

      北海道トマムのフィールドには、こんなふうに、無料でお昼寝できるハンモ […]

コメントなし

乗馬でトマムを疾駆?!~北海道トマム旅行記10

          北海道トマムでは、乗馬体験もできました。 […]

コメントなし

 

 

執筆者紹介

にゃんく

にゃんころがりmagazine編集長。
X JAPANのファン。カレーも大好き。

 

 

 

 

 

↓「like」ボタンのクリックお願いしますm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です