『ローレライ』映画レビュー~「鋼鉄の魔女、始動」

 

writer/K・Kaz

 

 

今回は邦画『ローレライ』のレビューをお届けします。
 まずは、『ローレライ』のストーリーの紹介から。

 

STORY

 
 1945年8月、絹見海軍少佐は、司令部の浅倉大佐から呼び出されます。

 言いわたされたのは、極秘任務です。

 それは、広島につづく、2度目の原爆投下を阻止する、というものでした。

 絹見は、伊507を与えられます。それは、ドイツから譲渡された秘密兵器「ローレライ」を搭載した潜水艦でした。

 絹見とその部下たちは、原爆を搭載した爆撃機が待つ、テニアン基地を目指して出発するのでした。


軍のはみ出し者や、特攻隊の生き残りを集めた寄せ集めの部下たちは、特攻は人員の浪費でしかない無駄な行為だという絹見の考えに反感を持っていますが、そんなことには関係なく、航路上で米国艦隊と遭遇し戦闘開始となってしまいます。

 駆逐艦3隻が、相手の不利な状況の中、絹見は試運転がてらローレライが積まれた小型潜水艇に工作兵・折笠を搭乗させます。小型潜水艇に乗り込んだ折笠は、中にパウラと言う少女がいることに驚きますが、どうすることもできないまま、小型潜水艇は伊507から切り離されてしまいました。そしてローレライが起動されると、指令盤に海底と敵艦の映像が浮かびあがってきました。じつはパウラは、水を介して人には感知しえない情報を感じとる能力を持った超能力者で、ローレライとはその能力を増幅させて伊507周辺の様子を映像化する装置のことだったのです。

 伊507は、ローレライのおかげで、先手を打つことができ、米軍艦隊を攻撃し、2隻を撃沈します。そして、そのまま、目標・テニアン基地を目指すのでした。……

 

REVIEW

 

 機雷が船体に当たるかどうか怯えながら敵をやり過ごすまで海底で息をひそめる緊張感、魚雷や砲弾が飛び交う海上戦のカッコ良さは潜水艦が出てくる作品独特のものです。

 またキビキビとした戦闘シーンだけでなく、折笠が元気がないパウラのため、戦前はパーラー勤めのお菓子職人だった厳しい上官に、アイスクリームを作ってほしいと頼むシーンが合間に挟まれるなど、乗組員たちの人間らしい面が描かれていてホッとできる場面もありました。任務を遂行する為、命をかけることさえも厭わない乗組員たちの姿に感動もできました。

 この作品によって邦画のアクションものや、戦争ものに新しい1ページが加えられ、
「潜水艦ものは面白いな!」
 と一気に世間に認知させたと言っても過言ではない作品です。

 

 本作品の評価は星4.5とさせて頂きます。
 これまでになく渋くて骨太の、心にズシンとくる熱い気持ちがこもった作品でした。

 

 

 

 

K・Kazのこの映画の評価4.5

 

(本ブログでの、レーティング評価の定義)

☆☆☆☆☆(星5) 93点~100点
☆☆☆☆★(星4.5) 92点
☆☆☆☆(星4) 83点~91点
☆☆☆★(星3.5)80点~82点
☆☆☆(星3) 69点~79点


ローレライ スタンダード・エディション [DVD]

 

↑ご購入はこちらから

 

監督/ 樋口真嗣
製作国/日本
公開/2005年3月5日
出演者/役所広司
妻夫木聡
柳葉敏郎
香椎由宇
石黒賢
小野武彦
原作/福井晴敏『終戦のローレライ』
上映時間/128分

 

 

 

 

執筆者紹介

writer/K・Kaz

石川県在住の男性です。
週末には、映画を5~7本ペースで観ていらっしゃるそうです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA