『海よりもまだ深く』映画レビュー~「夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語」

 

writer/K・Kaz

 

今回は、阿部寛さんの主演で、邦画『海よりもまだ深く』をご紹介したいと思います。

 

STORY

 

15年前に1度だけ文学賞を受賞したことのある良多は、「小説のための取材」と理由を付けて探偵事務所で働いています。
お金に汚く、調査をした相手に独自に接触して金をせびり、都合の悪い調査結果を握りつぶす事もあります。
良多は、離婚した元妻の響子への思いを捨てきれず、響子に新しく恋人ができたことにぼうぜんとしていました。
新しい小説は書けず、離れて暮らしている息子・真悟に野球道具を買って尊敬を得ようとしますが、調査対象を脅したことが所長にばれて失敗し、落ち込んでしまいます。
そんなある日、良多の母・淑子の家で久しぶりに再会した良多、響子、真悟は、台風で足止めされてしまい、一夜を皆で過ごすことになります。

 

REVIEW

過去の栄光にしがみつき、自分勝手で、お金に汚く、社会人としても夫としても父親としても失格な男・良多。
しかし、世の中を斜めに見て半笑いを浮かべながら口にする強がりや言い訳は、何故か心に残ります。
考えてみれば、良多だって何とか一発逆転したいと思っているけれど上手く行かずにモヤモヤしているのかもしれません。
それは良多だけの事ではなく、みんな頑張って生きているけれど思い通りに生きてゆけるとは限らなくて、普通は不平や不満を押し殺して生きているのだけれど、良多は言いたくてなかなか言えなかった生々しい本音を代弁してくれているようでついつい共感してしまうのかもしれません。
良多や淑子は、家族が元に戻る事を願っているけれど、響子はもう次に目を向けています。

元夫婦の気持ちはすれ違っているけれど、でもお互いに気になって放っておけない。
この距離感と気持ちの探り合いが絶妙です。
登場人物は大体が良多に説教をしますが、自分もどこか欠けている部分がある事を自覚していて、良多に共感して突き放しきれないでいます。
「こいつ、ダメ人間だなぁ~」
と思いながら、いつの間にか応援したくなる。
もう一度、自分の周りの絆を再確認したくなる作品です。
評価は星4とさせて頂きます。

 

 

K・Kazのこの映画の評価4

(本ブログでの、レーティング評価の定義)

☆☆☆☆☆(星5) 93点~100点
☆☆☆☆★(星4,5) 92点
☆☆☆☆(星4) 83点~91点
☆☆☆(星3) 69点~82点)

 

原作/是枝 裕和
製作国/日本
監督/是枝 裕和
公開/2016年5月18日
出演者/阿部寛
樹木 希林ほか

 


海よりもまだ深く [DVD]

↑ご購入はこちらから

 

 

レビュー執筆者紹介

writer/K・Kaz

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA