K・Kaz

石川県在住の男性。
週末には、映画を5~7本ペースで観ているという、大の映画ファン。世界広しといえど、映画を語らせると、この方の右に出る人はなかなかいないでしょう。

 

ショートストーリー「和平交渉」

西暦二〇XX年 地球とマルス星との戦争は二ヵ月であっけなく終わった。マルス星の優れた科学力により地球側の武器は […]

1件のコメント

ショート小説「受け継がれる意志」

迫田源三は頼りになる男だった。 三代続いた魚屋を切り盛りし、妻・圭子を心から愛し、町内の面倒事も進んで引き受け […]

1件のコメント

ショート小説「優しい贈り物」

〈主婦・阪田敏江からの手紙〉 「寺川町立図書館長様 初めてお手紙を差し上げます。 実はこの度、図書館に寄贈をし […]

3 comments

ショート小説「ヒミツの秘密兵器」

それは月末の春河物産、経理課での事だった。 「この領収書、どうしますかぁ?」 ピリピリした空気を木下のゆるい声 […]

2 comments

ショート小説「物騒な世の中」

朝、新聞を開くと連続通り魔暴行事件の記事が目に飛び込んできた。 昨日の午後九時頃、公園でジョギング中の男性が突 […]

コメントなし

ショート小説「ためになる話」

リチャード・フェルドマンの職業は弁護士である。 今でこそユタ州の小さな町で遺産相続や小さな揉め事の解決を主な仕 […]

3 comments

ショート小説「傍聴マニア」

「オザーッス、先輩」 「オゥ、淳平。朝から機嫌いいじゃん」 「ニヒヒヒ、実はいい事あったんスよ」 「まさか女か […]

2 comments

ショート小説「物の価値」

物の価値は分らない。千円が二万円より大事な時もある。 小説を書くのが私の唯一の趣味だった。友達や家族に読ませて […]

コメントなし

ショート小説「ヒーローの才能」

西暦二〇XX年、太平洋上に浮かぶ日本最大の海底資源採掘施設「アトランティス」が突然の海底地震と津波により倒壊し […]

2 comments

ショート小説「寛太譚」

むかしむかし、ある山村での話。 寛太は炭焼きの子供だった。おっ父の権太と兄ちゃんの信太は朝から晩まで木を切り出 […]

2 comments

ショート小説「願いよ、叶え!」

パパの会社が倒産しそうだ。友達に騙されて会社のお金を持ち逃げされたそうだ。お金が無くなったらやっていけない。離 […]

コメントなし

ショート小説「言葉を固める」

またマンションのゴミ捨て場に不燃ゴミが出されていた。今日は火曜日。不燃ゴミを出す日ではない。犯人は分かっている […]

コメントなし

ショート小説「因果応報」

実は私、前世は人間なんです。 前世の事は全部覚えています。それだけではなく、死んだ後の事も。 え?あの世がどん […]

1件のコメント

ショート小説「かけっこチャンピオン」

「かけっこチャンピオン」  坂野小学校の運動会のメインイベントと言えば、何と言っても全員参加の千m走である。 […]

コメントなし

 

 

K・Kazのショートストーリー

ショ

Read more ...